心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳳来軒フィナーレ!
20080908152052
一軒のお店が閉店する。
ただそれだけの記事なんですが、あまりに思い出の多いお店なので、
身も引き裂かれるような思いにさいなまれています。

【ここ鳳来軒のチャーハンがお好きなみなさまへお知らせ】
閉店を知ったファンのみなさんが大勢いらっしゃっているため、
大将の段取りの関係で、チャーハンは開店と同時でなければ食べられないようです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
このお店は・・・
連れて行ってもらったお店?
なんにも言わなくても、NANAPOOさま特別メニューが用意されていた
あのお店??(小鉢が余分についたんだっけ?)

なじみのお店がなくなるというのは寂しいよね。
まして、おいしいお店は・・・。

【2008/09/08 21:31】 URL | あひる #- [ 編集]

あひるちゃん
ここはね、人数よりも少なめの塩ラーメンを頼んだとき、
向こうで小盛りに分けてから出してくれたお店だよ。

記事の最後、見た?
いつでも跡が継げるように、習っておかなくっちゃ!!(笑)

【2008/09/09 11:10】 URL | NANAPOO #- [ 編集]

澄んだラーメンスープ
おっしゃる通り、札幌では脂っこく凄い代物でございました。
博多出張の際も「老舗」へ直行したのですが、あのえぐい豚骨の
香りに、スープは飲まず、メンだけを掬い取りして出てきた記憶があります。

函館も中々奥が深そうなところですね。
是非、一度足を伸ばしてみたいところです。
【2008/09/10 13:09】 URL | よだれ倶楽部 Tomochan #- [ 編集]


寂しいものですよね、お気に入りの店がなくなってしまうのは・・・。

お口に合うかどうかわかりませんが、
駅前の「滋養軒」という古めかしいラーメン屋さん。
けっこう美味しかった記憶が・・。
【2008/09/10 18:41】 URL | 小町 #- [ 編集]

よだれ倶楽部 Tomochan さま
30万人都市とはいえ、やはり探せばいろいろと魅力的なお店はあるものです。
すばらしいご案内ができますように、日々研鑽を積んでいきたいと思います!(笑)
【2008/09/11 09:59】 URL | NANAPOO #- [ 編集]

小町さん
「滋養軒」っていう名前、聞いたことありますねぇ……。興味津々です。
いっそ、塩ラーメンは自分で作るということにしようかしら(笑)
【2008/09/11 10:02】 URL | NANAPOO #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanapoo.blog49.fc2.com/tb.php/93-f1cabccd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。