心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
東京の焼き鳥って、このスタイルでした!
moblog_24a66ace_20120913092012.jpg moblog_0f3862d1_20120913091950.jpg
(左:ブルゴーニュの赤と血肝、右:秘密の一品)

「焼き鳥といえばまず豚串は欠かせないでしょ」というこの函館で、
あえて鶏一本で勝負する若きご主人の気概を全身で味わいたいお店です。

私、もともと「やきとり屋」があまり好きじゃありません。
さすがに居酒屋よりは特化されたメニューを出しているので、特徴はあると思います。
でも、目からウロコの落ちるようなものにめぐりあったことはありませんでした。
だから、湯の川に新しいお店ができて名前は「とり辰」だということは知っていましたが、
自分からいってみようとは思ってなかったんです。

でも、ある方から「とり辰、おいしいよ」っていうお話を聞き、行ってみたらこれが目からウロコ!!
これは絶品です!
各部位、それぞれの個性ある味が、絶妙の焼き加減で供されます。
ひと串ひと串すべてが一品料理のようです。
かしわやつくね、血肝(レバー)を食べた時のタレの味にまず瞑目。
ベタベタしないスッキリした味が鶏の脂の甘さと融け合い、しかも後味はスッキリ爽やかです。
肉の味がストレートに伝わるので、基本的に串は塩で味つけをしたものが好きだったのですが、
タレの味が加わって、肉の持ち味を目一杯引き出すというのには驚かされました。

この味には、ぜひともワインを合わせたい!!
りっぱなブルゴーニュグラスを揃えていらっしゃるので、ワガママを言って、
いつもブルゴーニュワインを持ち込ませていただいてます。最高のマリアージュです!

また、メニューにない絶品がいろいろとあります。
これを少しずつ引っぱり出すのがまた楽しみなんですが、ホントに鶏って奥が深いと思います。
なんでメニューに出さないのか?って野暮な質問をしてみたんですが、
「あれこれと手を広げて目が届かなくなるのがイヤだ」っていう答え。
ご主人の職人気質がそうしているのでした。

ご夫婦とも、一途に仕事をしている時には口数が少なくなります。
よけいなお愛想のないのも職人ゆえ、と思ってそれは流しましょう。
立て込んでない時には、すばらしい笑顔で接してくださいますよ。

残念ながら、予約はいっさいできません。席の予約もです。
カウンターに座りたい私は必ず電話をしてから出かけますが、
早い者勝ちなので、座れる保証はありません。
お店のスタンスですので尊重しようとは思います。
でも、予約ができたら文句なしの☆5つなのにな……とも思っています。

とり辰焼き鳥 / 湯の川温泉駅市民会館前駅湯の川駅

夜総合点★★★★ 4.5

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

相変わらず食べ物の表現がお上手ですよね~
読んでいるだけでブルゴーニュが飲めそうです(笑)
【2012/09/14 20:57】 URL | 4c #- [ 編集]

Re: タイトルなし
> 4cさん

ありがとうございます。
食べ物ネタはいろいろなことを表現しようとするので、どうしても長くなっちゃうのです。
だからブログ書くのがおっくうになっちゃうんですよね(苦笑)
【2012/09/16 13:19】 URL | NANAPOO #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanapoo.blog49.fc2.com/tb.php/480-c41291c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード