心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
しっかりとした和食を楽しむ
日本料理と日本酒を楽しむお店、ずっと探していました。
函館市内、私のレパートリーを考えると、
和食のお店と中華のお店で「ここは!」というところが少ない。
新規開拓しなきゃと思っていたところ、浮上したのがこちらの「四季粋花亭」です。

まずは一番お手頃なお値段のコースからいただいてみることに。
店内、大好きなカウンター席はあまり多くありません。
小上がり席は掘りごたつではありませんでした。

先付けは各種盛り合わせです。
DSC01875.jpg
うかがったのが初夏だったので、汁物はなすのすり流し。

DSC01876.jpg DSC01877.jpg
お造りと煮物。
サヨリやアイナメに施された手当て、とても確かなものです。
そして、煮物はホッケの煮付けでしたがこれが実においしかった!
ここまでいただいてみて分かりました。
お手頃なお値段のコースは、とても身近な食材で組み立てられています。
だからこそ、プロの味つけがよりはっきりと感じられる……とてもお値打ちだと感じました。
自分でもホッケを煮付けたりしますが、こちらではプロの凄味を感じましたねぇ。
コースの値段の差、おそらくはどんな食材を使うかのちがいなのでしょう。

DSC01880.jpg
揚げ物はしまえびを使ったかき揚げでしたが写真を撮り忘れました。
これは焼き物。
豚ロースの焼き物を梅肉や香味塩でいただくお料理です。
値段によっては、ここにおぐに牧場の牛肉が入るのでしょう。

DSC01882.jpg
ホタテの炊き込みご飯とホッケのすり身汁。
おかわりしたいほどおいしかった!!
ホッケのすり身汁に、これまたプロの凄味を感じました。

今度は予算を上げてみたいと思っていますが、
加えてぜひとも味わってみたいのは、おぐに牧場香味牛を使ったすき焼き。
ブログで見て、この洗練されたすき焼きは絶対食べてみたい!と思ったのでした。

四季 粋花亭 割烹・小料理 / 五稜郭公園前駅杉並町駅中央病院前駅

夜総合点★★★★ 4.0


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanapoo.blog49.fc2.com/tb.php/467-50450f6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード