心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「食事」を心から楽しませてくれるということ
DSC01697.jpg DSC01695.jpg
やっぱりサービスの行き届いたお店はいいですね。
もちろん、サービス料がチャージされるわけですが、
そのサービス料の意味をしっかりと認識させてもらえるのがうれしい。
「いっぱい食べた~! 美味しかった~!」っていうのもいいんですが、
「美味しかったし、気分良く楽しめた~!!」って感じさせてもらえるのがいいのです。

このたびは「MENU B」をいただきました。
・人参のムース カプチーノ風 黒オリーヴのパウダー
・タラバガニと青リンゴ、白菜のサラダ 白バルサミコのドレッシング
・真鱈とラルドのオーヴン焼き パースニップのソテーとバーニャフレッダソース
・滝川産合鴨首肉とポルチーニ茸のラグーソース 極細のタリオリーニ
・ミラノ風リゾット ユリ根とサフラン、パルミジャーノ
・仔牛バラ肉と芽キャベツ、グレモラータと白ワインの煮込み
・グレープフルーツのムースとソルベ カンパリのジェラティーナとヨーグルト

どれも口にした途端、笑みがこぼれるようないいお味でした。
そして、仔牛肉っていうのは難しい食材なんだなっていうことが、あらためてよくわかりました。
今年は仔牛肉によく当たる年でしたが、
「これは!」と思うものにはなかなかめぐり会えなかったな、というのが実感です。

ワインは、イタリアワインの美味しいものがそろっているようですが、
今回はそれぞれの料理に合わせてグラスでいただきました。どれもよく合っていて楽しめましたよ。
フレンチレストランでもこういうサービスがあってほしいですね。

また、札幌のいい店にめぐり会えてうれしい限りです。

リストランテ テルツィーナ イタリアン / 西4丁目駅大通駅すすきの駅(市営)

夜総合点★★★★ 4.5

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanapoo.blog49.fc2.com/tb.php/395-26d2c52f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。