心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
雑誌をお供にして
先の土曜日の昼ご飯は、誰との予定もなく、また誘ってみても不調に終わったので、
お昼をひとりでゆったりと過ごそうか、それとも適当にすませようかで最後まで悩みました。

VENTITREに電話してみて、いっぱいで入れなかったら適当にしちゃおうと決め、
電話してみたら意外や意外、あっさりOKでした。
カウンター席で持って行った雑誌を読みながら、優雅なランチの始まりです♪

20101009Lunch前菜
野菜と魚介の前菜。オイルは必要なだけたっぷりと使ってありますが、とってもヘルシー。
イタリアンの野菜って、けっこうクタクタになるまで煮てあるものが多いですよね。
でも、それがまたうまいんだなー。
向こう側でちょっとボケ気味になっているグリーンのオリーブ、さわやかな風味でとてもおいしい。

近海産スミイカのパスタ
最近、魚屋さんでもよく見かける近海産のスミイカ。
身質・風味とも、イカ墨のパスタにベストマッチですね。
イカ墨のパスタって、ソースがすべて麺に煮しめられてるもんなんですね。
確かに、とろっとしてたりして服にでもはねたらガッカリだもんなあ……。

ドルチェ
エスプレッソ風味のパンナコッタに洋ナシのシャーベット。甘さが絶妙だなぁ、と。
この後、お砂糖をちょっと入れたエスプレッソを飲んで、目を覚ましてから午後の仕事に向かったのでした。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanapoo.blog49.fc2.com/tb.php/374-e71f6a1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード