心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子をはしご
函館で「かなざわ」といえば湯の川の他にもう一軒、大門のほうも外せません。
大門横丁の「Bar かなざわ」です。カクテルに使うのはフレッシュフルーツのみ!
この味で1杯550円というのはまさに破格としか言いようがありません。
当然いつも混んでいますので、席があるかどうかの電話確認は必須です。

特にお気に入りなのはギムレットです。
ギムレット2種
まずはショートで1杯、最後のシメにクラッシュドアイスでもう1杯。
ジンと絞りたてのライムがすばらしいバランスで配合されており、
フレッシュジュースならではの口中に残るライムの甘味が何とも言えません。

ブラック&ホワイト ベリーニ
手書きメニューの季節のカクテルも毎回外せない楽しみなのです。
今は「ブラック&ホワイト」というジンベースのカクテル。
ブラック&ホワイトとはぶどうの色のことです。
右はベリーニ。白桃をミキサーにかけて濾したところにシャンパンを注ぎます。
今回はムリをお願いして、材料持ち込みで作っていただきました。
もちろんレギュラーメニューにはありません。

コスモポリタン XYZ
今日のシメはコスモポリタン(左)、相棒はXYZ(右)
左下にご主人がシェイカーを振る姿が写り込んでいます。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanapoo.blog49.fc2.com/tb.php/345-9835085f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。