心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
夏を惜しむ
学生時代の悪友が、出張ということでやってきました。
飲みたいワインもあることだし「イリュージョン」へ。

20070824093054.jpg
夏野菜のテリーヌです。
ひとつひとつの野菜の歯応えと味わいをかみしめつつ、過ぎゆく夏を惜しみます。

20070824093339.jpg
これは「今日のビックリ!」を並べてみました。
白ワインはクローズ.エルミタージュ.ミュル.ブラン[2003]
何と美味しい白ワインなんでしょう。温度や時間で変化していくアロマがすばらしい。
これはもう一度味わってみなければならないワインです!

そしてトウモロコシの冷たいスープ。うまい!!
「ブイヨンは使ってないんですよ。函館の美味しいお水だけです(笑)」
とわざわざおっしゃるので怪訝に思ったんですが、
飲んでみてその理由がよく分かりました。
トウモロコシからこんなにうまみが出るんですねえ。

さあ、メインです。
20070824094334.jpg
仔ガモのローストをちりめんキャベツのベッドにのせて。
ローストは、当然ながらしっかりとロゼの仕上がりです。
それにつけてもこのキャベツの美味いことといったら……。
カモの肉汁だけでなく、シーツのようにして上に載せてあるベーコンからのうまみも染みこんでいて、
一同、声なく圧倒されました。

20070824094717.jpg
ここまでの料理に合わせていた赤ワインは、ジェネリック ポイヤック [2004]
最後のブリー・ド・モーにもよく合いました。

夏バテ、夏やせ。
そんな言葉、私の辞書にはございません。
困ったことです(苦笑)

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

ほくほくの栗かぼちゃの煮物、しっかりと味のしみた切り干し大根、そして今年は脂ののりが早いさんまの塩焼き!
以上、昨夜の我が家のメニューi-228

ハハハーーーe-263


【2007/08/26 23:03】 URL | 小町 #- [ 編集]

和食の王道
いつもはですね、夕食がなぜか「旅館の朝食メニュー」なんです。
魚、納豆、菜っ葉……とかですね。質素なもんです(笑)
【2007/08/27 07:04】 URL | NANAPOO #z0udyvNs [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanapoo.blog49.fc2.com/tb.php/33-07e6efd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード