心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
懐かしの味

いまさらのようにハマってしまった元祖小いけのカツカレー。
昔はこの味がわかるほどの味覚を持ち合わせていなかったのでしょう。
ただただ、ひたすら辛いとしか感じませんでしたし、旨味に乏しいとすら思っていました。
無知とは恐ろしいことです……。

確かに辛いですが塩辛くはないので、そんなに水を欲するような味付けではありません。
甘味もそんなにないのですが実はそこがポイントで、薬味入れの福神漬を一緒に食べていくと
甘味も補われ、同時にその甘味で辛さの感覚も和らぐというように考えられているようです。
辛いけど、水を飲まないで食べたほうがおいしいという、
ちょっとパラドキシカルで蘊蓄好きにはぴったりのライスカレーです。

難点を言えば、食べに行ったことがすぐにバレてしまうこと。
店内にはそれくらいカレーの香気が充満しています。

元祖 小いけ (カレーライス / 宝来町、十字街、青柳町)
★★★★ 4.5

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanapoo.blog49.fc2.com/tb.php/325-e5972ac7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード