心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
地獄の仕上げに

左:自家製チャーシューをスープ仕立てにして。
右:鯖と鮭親子の押し寿司。またつのしめ鯖は絶品中の絶品なので、感動のうまさでした!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

鯖の身が厚いですね!
ばってらとは違いますね!

お腹空いてきました・・・
【2010/05/29 19:13】 URL | 小町 #- [ 編集]

小町さん
この鯖が、口の中であっという間になくなるほど脂がのっているんですよ。
函館の鮨屋でも、これほどのものにはなかなかお目にかかれません。
【2010/05/31 18:03】 URL | NANAPOO #z0udyvNs [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanapoo.blog49.fc2.com/tb.php/321-387e5fdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード