心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
アンティカ・オステリア・デル・アルバのおまかせコース
前回も大満足だったデルアルバ。
今回も同じくシェフおまかせの\5,000コースです。


ボタン海老と春キャベツ・ズワイガニとサンフルーツのビッキエーレ。
「ビッキエーレ」はイタリア語で「グラス」の意味。
細長いグラスから細長いスプーンでサラダ仕立てのシーフードをいただきます。
フルーツとシーフードとの相性はとてもいいですね。
スプマンテはあっという間になくなり、すぐさまシャルドネにスイッチします。


食べたかったバーニャカウダ。甲殻類のピュレが入っています。
メニューに「モデルナ」とあるのは、「近代的」に換骨奪胎したという意味でしょうか。


これまた食べたいと願っていたこのお店の名物料理、牛タンとフォアグラのモザイコ。
フォアグラには何らかの酸味を一緒に添えるのがお約束、と言っていたのはジョエル・ロブションでしたが、
これも横に添えられているバルサミコと一緒にいただくと、ないままで食べるのより数段上の味わいに感じられます。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanapoo.blog49.fc2.com/tb.php/295-c87e2614
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード