心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだお正月だから(*^_ ’)②
20100108140448
自家製カラスミが出てきたので、日本酒に切り替え。
これまたお正月という理由で張り込んでみました。

黒龍の「石田屋」と「二左衛門」そして「しずく」です。
限定品で幻のお酒ばかり。口に運ぶつど、言葉がなくなります。
しいてあら探しをするとすれば、お酒そのものがうますぎるってことでしょうか。
食べ物と合わせて楽しむより、単体でじっくりと味わいたくなるというお酒です。
(これは必ずしも「あら」ってワケじゃないですよね。つまりそれくらいうまい酒だったってコトです。)

ちなみにこちらの杜氏さん、NANAPOOの高校時代の同級生であります。
今度、高校時代の恩師とともに訪ねてみたいものと思っております。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanapoo.blog49.fc2.com/tb.php/252-b2313cec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。