心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビーコムオフ前夜祭 フィナーレ
2009050600052920090506000527
ここで洋風のひと品が登場しました。
ホタテの貝柱をグリルしてから冷たくしたものに、
ジャガイモの入ったソースをたっぷりとかけてあります。
下にはグリーンアスパラと「あずき菜」が敷かれています。
このあずき菜、上品な甘味があるばかりで何のクセも苦味もないのにはビックリ!

そしてうまさにのけぞる私の横を、活魚が通り過ぎていきました。
石ガレイです。活け締めにして、洗いでいただくとのこと。
身にかすかなクセがあるので、洗いにして酢味噌でという趣向でしたが、
新鮮なのはもちろん、よどみないお手並みで仕上げられたものなので、
わさびと醤油でもまったく問題なく、シャキシャキした歯応えを楽しむことができました。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanapoo.blog49.fc2.com/tb.php/198-3722f6f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。