心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャラン産窒息ガモ!
冬といえば、ジビエ。ジビエといえばイリュージョン。
というわけで、「鴨」をリクエストして行ってきました!!

そこで出会った絶品とは……
20070110100314.jpg



20070110100952.jpg
アミューズは、プチシューにクリームチーズの詰め物。
これ、温かいチョコレートソースをかけたデザートにするとまたうまいんだよねえ。
プロフィットロールって言うんだったかな。

20070110101429.jpg
ズワイガニのサラダ。
ヴーヴクリコも、お料理もあっという間になくなります。
この辺で、白ワインに。
続いて手長エビが出ましたが、一瞬で消え去りました(笑)

20070113222355.jpg
フォワグラのパテ。
これ、すごく美味かった!!
こちらのムッシュは、フォアグラの扱いがお上手でいらっしゃる。
内臓の臭みを殺して、濃厚なうま味だけになっています。
内臓といえば、トリップの煮込みが食べたいなぁ。
同好の士はいないかしら……。

20070113222921.jpg
鱈の白子のムニエル。
「地中海風」ということで、グリーンのオリーブをたっぷりとのせてあります。
カリッと焼けている面に、衣は付けられていません。
オリーブオイルで焼いてあるだけです。
このお料理、今となっては口にすることのできない脳みそ料理のアレンジなのだそう。

20070113223524.jpg
レンズ豆のスープ、鶏肉のクネルを浮かせて。
小さいカップでサービスされるんだけど、それが残念。
でも、これを食べ過ぎると後が入らないし……。
パンと美味しいスープっていうのは最高のコンビなので、ガマンすることのつらいこと!

20070113224107.jpg
ヒラメのムニエルを、ちょっと濃厚なソースで。
ジャガイモのうまい時期ですから、ガレットにして載せてあります。
火の通し加減が絶妙!

そして、いよいよメイン。ジビエの登場です!!
20070113224441.jpg
シャラン産窒息ガモのロースト。
血抜きが万全でないと、肉はうまくない……という思いこみを
見事に覆してくれるすばらしいひと皿でした。
カナール(鴨)の骨からエキス分を取り、血のソースに仕上げるというのは聞いたことがありますが、これは身の中に滞留した血がそのままソースのように働いています。
美味かった。本当に美味かった。
今後も、年に1回は口にしたいと思う美味でした。

デザート、モンブランが出てこないかなぁとちょっと期待していたのだが、
残念ながらクレームブリュレ。もちろんこれも絶品ではある(笑)

大満足のお食事会でありました♪
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nanapoo.blog49.fc2.com/tb.php/12-4400eaeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。