心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八戒で鶏ゴマ冷やし
NEC_0323[1]
残暑がしぶとく居座りそうな函館。冷たい麺の出番はまだまだありそうです。
ゴマの風味としっとりした鶏肉がおいしい八戒の鶏ゴマ冷やし。
食べやすい味なので、あっという間に食べ終わってしまいます。

上にかかっているネギが必要かどうか、これが唯一のナゾ(笑)

こちらは独身時代からずっとお世話になっているお店で、いつも頼むのは、肉野菜炒め定食です。
NEC_0029.JPG
シャキッと仕上がった野菜、最高です!

ラーメン八戒ラーメン / 競馬場前駅(函館)深堀町駅駒場車庫前駅

夜総合点★★★★ 4.0
昼総合点★★★★ 4.0


スポンサーサイト
昔なつかしい味のとんかつ

食べログでの高評価を見て、行ってきました。


上ロースカツ定食、とても肉質がよくいい香りのするとんかつです。
肉の香りがいいのはもちろん、揚げ油の香りがいいのが特徴です。
ラードを使っているのかな?と感じました。だから昔懐かしい味がしたんですね。
ただ、動物性の油だから重くて、植物性の油だから軽いということにはなりません。
カラッと揚がっていましたし、胃にももたれたりはしませんでした。

から揚げ定食は、しょうが醤油のよくしみた、これまたオーソドックスなから揚げでした。
ご飯の盛りが良くて、おかわりなどまったく必要ありません。お味噌汁の具は日替わりのようです。
いちばんうれしかったのは、からしを入れ物で置いていってくれるところです。
意外と少ししか付いてこないところの方が多いんですよね。
(そうかといって、わざわざ頼むのも……って感じなので)

函館で食べたとんかつの中では、こちらがいちばんおいしいように思います。
かなり気に入ったので、またちょくちょく行くことになるでしょう。
2時まで頼める「モーニング」のAセット、かつライスはなんと600円!
さらに、専門店のかつ丼がいかなるものなのかも気になります。

かつ亭とんかつ / 湯の川温泉駅市民会館前駅湯の川駅

昼総合点★★★★ 4.0


円熟のヴェンティトレ
最近、味の調和、居心地のいいお店の雰囲気、どれをとっても非の打ち所がないヴェンティトレ。
まさに愛してやまないお店となりつつあります。


鶏肉とセロリのサラダ仕立てサルサヴェルデ。


イカとオリーブのパスタ。

あんまり暑い日が続くので、あえて自堕落に、
昼酒を飲みながら食事を楽しむのもいいものです。
これで昼寝でもできたら極楽中の極楽!
これができない肝っ玉の小さい自分が、何とも恨めしい(苦笑


ナポリ料理のお店
NEC_0355[1]
中部地方の暑さっていうのは、太平洋側でも日本海側でも同じようなモンなんですね。
とにかく蒸し蒸しムンムン。建物を出て歩き始めたらわずか100mくらいで汗だく。

富山へ出張した時に、午前中で汗まみれになってイヤになっちゃったので、お昼はゆっくり食べたいなと思い、しばらく食べていなかったイタリアンのお店をチョイス。ナポリ料理ってことは、魚介をトマトベースで食べるか、それともピザか……。

ランチのコースは、メインをピザ・パスタのどちらかにすることができます。暑いので、モチモチ、熱々のピザを食べるっていう気分にはなれず、いわしとナスのトマトソースを選び、サラダだけでなく前菜もつくコースは500円
増でOKだったので、それをオーダー。

前菜の時にフォカッチャが来ましたが、それはイタリアで食べるのと同じタイプで、すこぶる苦手なタイプ。小麦の香りと塩気がしっかりしていて、でもモサモサしている感じ。なるほど、こちらのお店は妥協なしの本格派イタリアンってことなのねと理解。パスタも、やっぱりそんな感じでした。トマトソースの酸味、塩気も予想した通り。あまりオリーブオイルが前面に出たタイプのソースではない、それは夏だしさっぱり食べさせようという意図だったのかも……いろいろと考えながら食べました。どれも教科書通りにおいしかった。

食べ終わってみて、記憶に残ったのはスタイリッシュなお店の内部のことがほとんど。みなさまと一緒です。

ナポリ料理のお店 バンビーノイタリアン / 大手モール駅国際会議場前駅グランドプラザ前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



とんかつと言えば総合力ではとんき

けっこう昔からあるとんかつ屋さんです。
さまざま物足りないところはあるものの、つい行ってしまうお店なんです。

好きなのは、ロースカツ、鶏のから揚げ、芋サラダですね。
特に芋サラダは、マヨネーズを使いすぎずに絶妙の塩加減で仕上げられています。
これをアテに生ビールを飲むのも良し、もちろん箸休めに食うのも良し、
または持ち帰ってサンドウィッチにするのも良しです。


それぞれのシーズンにつき1回は、感謝祭ということで、3つの定食がワンコインで提供されます。
持ち帰りもOKですし、おかわりも普通通りにできます。
次回は、300円で提供される生ビールを楽しんできたいと思っています。

とんき 五稜郭支店とんかつ / 杉並町駅五稜郭公園前駅中央病院前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0
昼総合点★★★☆☆ 3.5


シェフの旺盛な向上心に期待
NEC_0232.jpg NEC_0233.jpg
評判は耳にしていながら、ずっと行く機会がなかったトラットリア コルツに行ってきました。
前菜3皿からは、いずれもシェフの旺盛な創作意欲がうかがわれます。
色彩的にも、とてもきれいな品々です。

NEC_0288[1] NEC_0289[1]
NEC_0292[1] NEC_0290[1]

野菜の味もくっきりと出ていましたし、とてもおいしくいただきました。
でも、どれにも、もうひとふりお塩がほしいんですよねえ。
そこではたと思い当たりました。
だから、お酒をあまり召し上がらない女性から絶大なる支持を受けているんですね。

トラットリア コルツイタリアン / 五稜郭公園前駅中央病院前駅千代台駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.0



競馬場近くでランチ

から揚げは鶏モモ肉で、かりっと揚がっています。
から揚げが5つもついているし、ご飯のおかわりもできるので満腹になりますね。
お味噌汁も、大好きな味です。

でも、この定食の対案として、
市民会館駐車場向かいの松葉屋精肉店でから揚げ買って、
「佐くら」のおにぎりと一緒に食べるって言うプランを提案されたら、
非常に迷ってしまうと思います。

あんかけ焼きそばもいいですね。
大盛は200円プラスでした。

夜は居酒屋のような形態になるのですが、
お一人で作っていらっしゃるので、立て込むとなかなかフードが出てきません。
席数と調理場のキャパがマッチしていないんですね。

レストラン&バー オアシス中華料理 / 競馬場前駅(函館)駒場車庫前駅深堀町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0
昼総合点★★★☆☆ 3.5


政田農園の直売所
新鮮な野菜が、近郊ですぐ手に入るっていうのは幸せなことです。
函館は海も近いので、近場でかなり豊富に食材が手に入ります。

この夏のお気に入りは、森町赤井川の政田農園。
NEC_0345[1]
たぬきがお出迎え。
NEC_0346[1]
生でかじれるとうもろこしがありました。
メロンと同じくらいの糖度だそうです。
先日は、こちらの枝豆のうまさに目を見張りました。

種類の豊富さ、目新しい品種、見ていて楽しくなります。
食べかたも書かれているので安心です。
午前中、比較的早い時間に行かないと売り切れてしまうこともあるらしいです。
あー、また行きたくなってきた。


大きいイチゴショート
moblog_d2ee6495.jpg
大きいイチゴのケーキ。最高です!
新鮮な生クリームの風味と口どけのいいスポンジ。
一個でガツンと満足させてくれる、うれしいケーキです。

この時は開店を待って入りましたので落ち着いて食べられましたが、
普段、特に週末はかなり混み合うようです。

近くの政田農園で、おいしくて個性的な野菜を手に入れてから行くのがお気に入り。

駒ケ岳洋菓子工房ケーキ / 駒ケ岳駅

昼総合点★★★★ 4.0



東京の焼き鳥って、このスタイルでした!
moblog_24a66ace_20120913092012.jpg moblog_0f3862d1_20120913091950.jpg
(左:ブルゴーニュの赤と血肝、右:秘密の一品)

「焼き鳥といえばまず豚串は欠かせないでしょ」というこの函館で、
あえて鶏一本で勝負する若きご主人の気概を全身で味わいたいお店です。

私、もともと「やきとり屋」があまり好きじゃありません。
さすがに居酒屋よりは特化されたメニューを出しているので、特徴はあると思います。
でも、目からウロコの落ちるようなものにめぐりあったことはありませんでした。
だから、湯の川に新しいお店ができて名前は「とり辰」だということは知っていましたが、
自分からいってみようとは思ってなかったんです。

でも、ある方から「とり辰、おいしいよ」っていうお話を聞き、行ってみたらこれが目からウロコ!!
これは絶品です!
各部位、それぞれの個性ある味が、絶妙の焼き加減で供されます。
ひと串ひと串すべてが一品料理のようです。
かしわやつくね、血肝(レバー)を食べた時のタレの味にまず瞑目。
ベタベタしないスッキリした味が鶏の脂の甘さと融け合い、しかも後味はスッキリ爽やかです。
肉の味がストレートに伝わるので、基本的に串は塩で味つけをしたものが好きだったのですが、
タレの味が加わって、肉の持ち味を目一杯引き出すというのには驚かされました。

この味には、ぜひともワインを合わせたい!!
りっぱなブルゴーニュグラスを揃えていらっしゃるので、ワガママを言って、
いつもブルゴーニュワインを持ち込ませていただいてます。最高のマリアージュです!

また、メニューにない絶品がいろいろとあります。
これを少しずつ引っぱり出すのがまた楽しみなんですが、ホントに鶏って奥が深いと思います。
なんでメニューに出さないのか?って野暮な質問をしてみたんですが、
「あれこれと手を広げて目が届かなくなるのがイヤだ」っていう答え。
ご主人の職人気質がそうしているのでした。

ご夫婦とも、一途に仕事をしている時には口数が少なくなります。
よけいなお愛想のないのも職人ゆえ、と思ってそれは流しましょう。
立て込んでない時には、すばらしい笑顔で接してくださいますよ。

残念ながら、予約はいっさいできません。席の予約もです。
カウンターに座りたい私は必ず電話をしてから出かけますが、
早い者勝ちなので、座れる保証はありません。
お店のスタンスですので尊重しようとは思います。
でも、予約ができたら文句なしの☆5つなのにな……とも思っています。

とり辰焼き鳥 / 湯の川温泉駅市民会館前駅湯の川駅

夜総合点★★★★ 4.5


りんさんのワンタン with カレーライス
moblog_6e434f61_20120912164439.jpg
りんさんのカレー。思ったほど黄色系じゃなくて残念。
カレーライスとワンタンを一人で食べたのではありません。念のため。
やさしいおばちゃんと手打ちそば

千歳町のまる吉が閉店してしまったので、目下おいしい「町のそば屋さん」を探しています。
今日は、このお値段で手打ち?とビックリしたので、松よしさんに初訪問です。

懐かしい味のそばつゆだったらうれしいなと、甘汁を味わってみたい気持ちもあったのですが、
何せこの日も暑かったので、まずは冷たいそばをお願いします。
辛汁は甘味を抑えたタイプ。全体のボリュームもほどよく、満足しました。

話題の感じのいいおばちゃん、いらっしゃいました!
忙しそうだったので、相棒が冷たいそば茶を自分で注ぎに行ったら、
厨房の方からじっと見守ってくれていて、
「次からは遠慮なくおばさんに言ってね~」とおっしゃる。
とてもすがすがしい気持ちで食事を終えることができました。

松よし 中島店そば(蕎麦) / 堀川町駅千代台駅昭和橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



つけ麺、酸っぱくないから大丈夫でした。
moblog_43fececc.jpg
昔、東京で初めて食べたつけ麺は、タレが酸っぱくてびっくり。
以後、好んで食べてみようという気は起こりませんでした。
どこも同じようなもんだろうと思い込んでいたから。

昨今のつけ麺ブームで、函館でもちらほらとつけ麺の話を耳にするようになりました。
その中で「濃厚魚介つけ麺」というネーミングにしたこちらにまずは訪問。

大盛(2玉)も同じ値段でOKなので、当然そちらです。
酸っぱくないし、魚粉入りで魚の味もきっちり香ります。
ラーメンも魚介系が好きなので、とてもおいしくいただきました。

つい六厘舎と比べてしまうのですが、やはりあっちは大行列店だけあって、味の深みが段違いです。
函館にも、あんな店がオープンしないかなあ……。

麺屋 しくぅはっくラーメン / 五稜郭駅桔梗駅七重浜駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5





プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。