心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うまいチャーハンのお店でカツカレー
DSC01920.jpg
チャーハンとギョウザの店、味仙で、あえてカツカレーに挑戦しました。
定評あるチャーハンは以前経験しており、味は折り紙つき。
チャーシューの角切りがゴロゴロ入ったチャーハンに、ギョウザを付けてちょうど1,000円です。

ところが、以前から、胃にもたれないカレー、昔ながらの黄色いカレーを探しに探しているワタクシは、
某誌の特集に登場していた味仙のカツカレーを試してみたくて仕方ありませんでした。
カレーライスが600円で、カツカレーが700円っていうのも不思議。お得すぎる!!

さあ、やってきました。期待が高まります。

そこで食べたい気持ちをグッとこらえて写真撮影。
逆光でかすむところに見えるのはチャーハン大盛(700円)です。
DSC01921.jpg
これは爆盛です!
でもねぇ、パラッとしてて、しっとりもしてて、これがなかなかうまいチャーハンなんですよ。
これだけの量が、スッとお腹に収まっちゃうっていうのが不思議。

カレーもおいしかったです。
初めの一口では、ちょっとルーが甘すぎやしないかと思ったんですが、
食べ進むほどにちょうど良くなってくるのが不思議。
辛さ、甘さ、塩気がとてもよく調和しています。だからのどが渇きません。
辛くないわけではなく、でも辛すぎてイライラすることもない。
そして、胃にもたれない優しいカレーでした。ここ重要。

さあ、チャーハンかカツカレーか。悩ましい選択肢が残ってしまいましたねぇ。

味仙ラーメン ラーメン / 駒場車庫前駅市民会館前駅競馬場前駅(函館)

昼総合点★★★☆☆ 3.5



スポンサーサイト
黒松内の道の駅でピザ
黒松内
小樽までのルート。
黒松内までバイパスで一気に駆け抜け、このピザのために1㎞戻りました。
焼き上がりまでに15~20分とのことで、往路は断念。

復路、満を持して立ち寄ります。
「ビスマルク」を注文して待つこと20分。
オーブンをくぐり抜けてきたピザとようやくご対面です(笑)

全粒粉を使い天然酵母で発酵させたピザ生地は、小麦の香り豊か。
生地はかなりしっかりと歯を受け止めます。
これを「もっちり」っていうのかな。
もっちりした食感はあまり好きじゃないのですが、
こちらのは香ばしさと相まって好感度大です。

持ち帰って車中で頬張るのならば、
タバスコや粉チーズは隣で振りかけてからのほうがいいですね。

ピザドゥ ピザ / 熱郛駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



夏向きの味

ジェイズのモヒートです。
ミントとライムの風味がさわやかで、暑い夏にはぴったりの飲み物ですね。
こう暑いとどうしてもお酒が飲みたくなってしまいます。


「鮨をつまむ」の原型
生うに ときしらず
中学校の教科書に載っていた安岡章太郎の小説で『幸福』というのがありました。
駅員が5円多くよこしたおつりを正直に返したが、実はそれがただの思いこみで、
わざわざ返しに行った5円をもう一度取りに行かされた、というお話。
その中に「鮨の立ち食いの味をおぼえていた。」というくだりがあります。
子どもながらに背伸びをして鮨をつまむ少年がうらやましかったなぁ。
「しょうゆの付いた指をのれんの端で拭いて……」とか、やってみたかったものです。

鮨が中心の小説といえば、志賀直哉の『小僧の神様』。これも大好きなお話です。
それ以来、大好きな食べ物は?と聞かれたら間髪入れずに「鮨!」と答える私。
人生最後の食事は鮨で決まり!

さてこちら、シゲちゃんすしです。
最近になって知り、わがお寿司屋さんローテーションの仲間入りをしました。
「毎日でも通いたくなる気軽なお寿司屋さんだよ!」という紹介をして、
聞いている人を面食らわせるのがとても楽しいです。
実際、近所の方で毎日のように来る方もいらっしゃるようです。

500円のランチタイムにぎりはとてもお値打ち。ちゃんとお腹がいっぱいになります。
でも、せっかくだから今日のおすすめ品は全部食べたい!
ということで、いつも好みのものを伝票にリストアップしてお願いします。
(最近はいつもあけぼのの焼きそばを食べてからここに来るので、というのはナイショw)

この日は何といっても生うに!! ひとつ\120です。
そりゃミョウバンなしで折詰めされたうにはすばらしいけど、
以前から慣れ親しんだうにの味ってこういう感じだったな、と懐かしくなりました。
これはこれで大アリ!

きめ細かい身質で天然物の脂の旨味を感じるときしらず、
回転寿司の定番とはいえ、全くモノがちがう平目のえんがわ、
こりっこりの食感で楽しませてくれるイカのみみ(えんぺら)、げそ、そしてほたてのみみ、
炙っても生でもおいしいタコの頭(ぼっち)、いつも頼むのはこんな感じ。
これにその日のオススメ(この日はうにでした)を加えるのがいつものパターンです。
これでだいたい\800くらい。

今度行った時には
「\1,000ぶん、オススメの順に出してください」
って聞いてみようかと思っています。
はたしてどれくらい出てくるんだろう……楽しみ♪

シゲちゃんすし 寿司 / 堀川町駅昭和橋駅千代台駅

昼総合点★★★★ 4.0


またつのおまかせ
NEC_0089.jpg NEC_0090.jpg
GWにまたつへ行きました。これはおまかせ(\5,000)の一部です。

桐の重箱に入っているのは、先付けから八寸、お刺身までのお料理。
毛がにやら、カレイのから揚げ「長万部ソース」やら、
またつの名物料理満載のコースでした!!

でも、またつで食べたいものはこの他にも数々あります。
寒くなってきたら、鴨鍋が食べたいなあ。
あー、タコの蒸ししゃぶも超うまいんだよなあ。
思い切って、キンキのフルコースなんていいなあ。

また札幌に行きたくなってきました~♪


海老焼そばを探して(8軒め)
NEC_0048.jpg
桔梗で本格中華を味わえる店、龍青。
以前、湯の川にあった時にはレバニラと塩ラーメンのセットしか頼んだことがありませんでした。
今回は海老焼きそばがあったなという記憶をもとに訪ねてみました。

海老の質・サイズ、野菜の量、香ばしく焼かれた麺、どれもキッチリしています。
からしが付いているのも好み。

しかしながら、どうして甘味が付いているんでしょう???
こんなふうに甘味の付いている餡は初めてでした。

やっぱり、龍青は甘辛の具合がすばらしいレバニラ炒めで決まりかな。
一時途絶えていたのでガッカリしていたレバニラ炒めとラーメンのセットが復活していたのもうれしかったです。

中華料理龍青 中華料理 / 桔梗駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



ジンギスカンはここしかない!!
松羊亭
最後の食事を取るなら松羊亭がいい!と家人は申します。
それくらいお気に入りの店です。

以前は食べ放題の店だと思い込んでいましたが、
札幌のジンギスカン屋を数件食べ歩いてからあらためて食べてみたところ、
松羊亭のジンギスカンの完成度がいかに高いか、よく分かりました。

まず、タレがおいしい。甘さ、塩気のバランスが実に見事。
辛みは唐辛子のそれではなく、ニンニクすりおろしの辛みです。
(食べた後はニンニクの後味がかなり濃厚に残りますが、苦手なら抜いてもらうことも可)

そして、肉と野菜をバランスよく取ることができます。
まずは脂を鉄板に置き、よく焼きます。
ここでいきなり肉を焼くのではなく、野菜をビッシリと敷いて、
その上に凍ったソフトラムのスライスを載せるのです。
ちょうど野菜にふたをしたような状態になります。
野菜がしんなりして肉が解凍されたらOK。
少しずつ肉を鉄板上で焼き、野菜と一緒にいただきます。
口中で渾然一体となった時のバランスの良い味わいたるや!!
あー、また食べたくなってきた。

トドメはコストパフォーマンスの良さ。
写真の晩酌セットは、曜日の除外なくいつでも頼むことができます。
これにアルコール2杯、ご飯とみそ汁が付いて2,000円でおつりが来ます!!
そしてラム三昧を加えて、伝統の味であるラムロースを味わえばカンペキです。

さらに、こちらのご飯とみそ汁のうまさは絶品と言うほかはありません。
酒飲みの私ですが、ここに行くと必ずご飯を食べます。
絶妙の柔らかさで炊きあげられたご飯と香り高い鰹だしのみそ汁。
あー、また食べたくなってきました。

宴会なら食べ飲み放題もお得でしょうが、
少人数なら単品のほうがいろいろ味わえていいように思います。

ちょっとびっくりしたのはこちらの赤ワイン。
乙部の富岡ワイナリーで作られているもので、
「ミスタージンギスカン」という「!」なネーミング。
しかしながらこれがまさにジンギスカンにベストマッチなのです。
ぜひお試しあれ!!!

ジンギスカン 松羊亭 ジンギスカン / 杉並町駅柏木町駅深堀町駅

夜総合点★★★★ 4.5



魚介の織りなす重層的な味を、イタリアンで味わう
NEC_0010_20110702182004.jpg
VENTITREの魚介の煮込みパスタ。
タラやアサリを始めとして、数種類の魚介類が入っています。
アサリの味ってホント偉大です。すばらしいダシが出ますね。

自分でアクアパッツァを作ってみた時に、メバルを残しておいて骨を外し、
この味を目指してパスタにしてみましたが、どうも味が足りないような気が……。

ということはこのパスタ、
相当量の魚介が織りなすハーモニーだったということなんだなとわかりました。

そして、アクアパッツァはお店で食べるととてもおいしくて大好きなのですが、
家で食べるなら、昔ながらの煮付けのほうが好きなんだなということにも気づかされました。

何でもやってみるもんです。
家で食べておいしいもの、お店でプロの作ったものを食べたほうがいいもの、
新鮮な発見がありますね。


濃厚系ソフトクリーム
DSC01905.jpg
評判通り、おいしいソフトクリームでした。
ひと口食べてみてそのおいしさに驚き、あわてて写真を撮りました(苦笑
牛乳の味というよりは、濃厚なクリームの味がします。
でも、後味が重くないのです。

行った直後は「\300っていうのがネックだな」と思っていましたが、
食べログを見てみたら、onikumaさんのエントリーにクーポン券の情報を発見!!
\250なら、こちらが№1でしょう。

渡島当別のトラピスト修道院近くにある売店のソフトクリームも気になりますが、
あちらはワッフルコーンなので、私の中ではあらかじめ対象外なのです。
やっぱりレギュラーコーンでなくちゃあいけません!
でも、このローレルトップっていうのは初めて食べましたが、
こちらの北海道ソフトには大変よく合います。

函館近郊のソフトクリームランキングがひさしぶりに更新となりました。
1位:市民の森売店
2位:鈴木牧場牛乳
3位:函館牛乳

はこだて市民の森 売店 アイスクリーム / 湯の川駅湯の川温泉駅市民会館前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



かつ丼とそばが食べたい
ひれかつ丼セット
市内に何店舗かを展開するそば処陣屋。
その中で、柏木町にあるお店がお気に入り。
なぜなら「ひれかつ丼セット」があるから。
これにドリンクが付いて\750というのはお得です。
他の店舗では見たことないように思うのですが、気のせいでしょうか……。

ヒレ肉とはいうものの、かつ丼ですからおなかがいっぱいになります。
多少高くなってもかまわないので、
ロースカツ丼もセットで選べるようになるとさらにうれしいなぁ。

晩酌セットなるものもあり、気になっています。
そば屋で飲む酒はおいしいですからねぇ。

陣屋 柏木店そば(蕎麦) / 深堀町駅柏木町駅競馬場前駅(函館)

昼総合点★★★☆☆ 3.0



鬱憤晴らし
NEC_0012.jpg
ボーナスも出たし、健康診断もやり過ごしたし。
今日は焼肉に行くしかないでしょう!!!ってことで、大番へ。
肝機能も、尿酸値も、カロリーも、
心配する気持ちをすべてかなぐり捨ててがっつり食べました。
そして浴びるほど飲みました。気持ちイイ!

……心配する気持ち? 健康を気にしたことなんてあった?っていうツッコミはなしで(苦笑)




プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。