心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DELL’ALBAのスペシャリテ
やっぱり大好きなレストランです。

お料理の味、それに合わせて供されるすばらしいコストパフォーマンスのワイン、
マエストロとソムリエールの奥様の笑顔、どれもが幸せな時間を約束してくれます。
お客さんを連れて行くたびに、満足度でみなを圧倒してくれるのがこちらなのです。

塩水ウニを浮かべたにんじんのクレマ 燻製仕立ての鴨 牛タンとフォアグラのモザイコ
まずはピノ・ノワールで作られたクレマンをいただきつつ、前菜に進みます。
左は冷たいにんじんのクリームスープに塩水ウニを浮かべ、上にコンソメのジュレが載せられたひと皿。
実によく合う取り合わせなのですが、とりわけ、このコンソメの風味が
後に控えているスペシャリテ「牛タンとフォアグラのモザイコ」の味を想像させ、
食べる側は期待に胸を躍らせる、という仕掛けになっています。そのモザイコは右の写真です。
ご主人、これをわざわざ休日返上で作ってくださったのだとか……ただただ感謝するばかりです。
感謝の気持ちとともに、ひとくちひとくち、ゆっくりと味わいます。
牛タン・フォアグラ・ほほ肉、それぞれの素材の味がくっきりと感じられます。
しかしながら、取り合わせて口に入れたときにはその調和も味わうことができるという逸品です。
全国的に人気沸騰中とか。うれしいことですね。

燻製仕立てになっている鴨の味わいと、合わせてくださったイタリアワイン(サンジョベーゼ)がすばらしくよく合います。
このワイン、モザイコとの相性もすばらしかったです。

イカスミの練り込まれた冷製タリオリーニ リゾット
衝撃的だったのはパスタ!
左はイカスミのタリオリーニに平目をイカスミで煮たラグーを載せ、冷製で供したものです。
お皿に描かれているオレンジ色のライン、これはなんとマンゴーのソースです。
詳しくは、ご主人のブログをご覧になってみてください。
こんな取り合わせがあるんだなあ、まだまだビックリするような美味が世の中にはたくさんあるんだろうなあ……なんて、
いろんなことを考えてしまいましたよ。これに合わせるワインがまた心憎かった!!
マンゴーをはじめトロピカルフルーツの香りがする南アフリカのシュナンブランを合わせてくださったのですが、
これも絶品でした。やっぱり、ある程度の人数で食事をすると、いろいろなワインが飲めて楽しいですね。

右はズワイガニのリゾット。
他のカニと違って、ズワイガニのダシはとても典雅な風味だとおもうのですが、
それがリゾットの中に生きて調和している、そんな一品でした。

くやしいことに、ワインのエチケットの写真と魚料理の時鮭の写真がありません。
きめの細かい時鮭をふわっとした食感に仕上げた料理だったんですが、
時期の美味しいものをいただく幸せを十分に噛みしめることができました。

牛ヒレのビステッカ
さて、肉料理のメインはビステッカです。
しょうゆやゴマといった和風食材を用いて、2種類の味で楽しませてくれます。
シメの赤ワインはバルバレスコ。がっしりした感じですが、まさに食事を楽しむための赤ワインでした。
ここまで食べ進んできても、満腹で苦しい!!とはなりません。
むしろ、「もう少し食べられそう」という感じさえするような仕上がり感でした。
もちろん物理的にはもうおなかに入らないんですけどね(苦笑)
これだけの品数で、なおかつ変化にあふれるお料理をいただくと、
食いしん坊は「次は何を食べさせてもらえるんだろう♪♪♪」と考えてしまいます。
次に行くのが本当に楽しみ。

次回は、アラカルトで「クレーム“エキュレ”」を追加して味わえたらうれしいなあ(^o^)

ANTICA OSTERIA DEL’ALBA (イタリアン / 深堀町、競馬場前(函館)、駒場車庫前)
★★★★★ 5.0



スポンサーサイト
ステーキピラフ

我が家はチルドに放置で熟成してあったお肉を使い、ステーキピラフにしました。
すると、いつも楽しみに拝見しているしょうこさんちでもステーキ丼! 不思議な一致をみたのでした。

しかーし!! さすがたかシェフとしょうこさんのおうちはちがう!
盛り付けもセッティングも、そして写真もすばらしくきれい。
こちらは携帯のカメラなので、白っぽく色が飛んでる……。

たかシェフがステーキの焼き方をYouTubeで教えてくださったので、
ちょっとずつうまく焼けるようになってきましたよ(^o^)

懐かしの味

いまさらのようにハマってしまった元祖小いけのカツカレー。
昔はこの味がわかるほどの味覚を持ち合わせていなかったのでしょう。
ただただ、ひたすら辛いとしか感じませんでしたし、旨味に乏しいとすら思っていました。
無知とは恐ろしいことです……。

確かに辛いですが塩辛くはないので、そんなに水を欲するような味付けではありません。
甘味もそんなにないのですが実はそこがポイントで、薬味入れの福神漬を一緒に食べていくと
甘味も補われ、同時にその甘味で辛さの感覚も和らぐというように考えられているようです。
辛いけど、水を飲まないで食べたほうがおいしいという、
ちょっとパラドキシカルで蘊蓄好きにはぴったりのライスカレーです。

難点を言えば、食べに行ったことがすぐにバレてしまうこと。
店内にはそれくらいカレーの香気が充満しています。

元祖 小いけ (カレーライス / 宝来町、十字街、青柳町)
★★★★ 4.5


またつのカレイの姿揚げ

今日はいいものないなぁ……とおっしゃりつつ、只者ではないお刺身を出すまたつのご主人。
先日は押し寿司でいただいたさばを今日はガリ巻きにしてあったり、
旨味の出てきたひらめで塩水うにをまいて旨味の競演を演出してみたり、
サクサクした食感を楽しむ活ホタテがさり気なく置かれていたりと、全く抜かりありません。

そして、かねてから食べたいと思っていた一品、「カレイの姿揚げ長万部ソース」です。
これにはびっくり! とてもおいしい。
味はあえて説明しません。ぜひ味わってみることをオススメします。

先の塩水うに丼は、この後のシメに出てきたものです。

締めは普通にウニ丼

しかも載ってるのは、利尻産の塩水うに。うますぎ!

旅のお供

プリッツが連れてってポーズ。
なかなか可愛い。

お料理教室(5)

今回は「オランデーズソース」を教えてくださるとのことだったので、喜び勇んで出かけました。
アスパラガスを食べるのにもってこいの濃厚なソースで大満足でした。
メインは「根ぼっけのポワレ」、デザートは「抹茶のタルト」です。

メニュー表を見てみると、3月のお料理教室で習った料理は、
今まさにコースの一品としてお店で供されていました。
そう考えると、この習いごとはとてもリーズナブル! ワインを飲めないのだけがネックかな……。



プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。