心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小鯛のさゝ漬

福井の名産品だそうですが、これは絶品です。
かすごの握りが出てくる時期までまだまだ時間がかかるこちらですが、この小鯛で季節感の先取りです。
合わせたのは屋久島の芋焼酎「三岳」を水割で。前割りにしておけばよかったなあ……。

スポンサーサイト
電池切れ

生後1ヶ月くらいの時期になると、跳んだり跳ねたり駆け出したり、
人間にすり寄って来たり、陰で小さい子をいじめたりと、いろいろな表情を見せるようになってきます。
基本的には何をしてもかわいいです

そして遊び疲れると電池が切れたように寝てしまうのです。
これは家人ののどの上で電池切れとなってしまったクロスケ。
クロスケはよく「寝落ち」する子で、お乳をくわえたまま寝てしまったり、
酔っ払いオヤジのように座り込んで寝てしまったりと、実に味のある子です(笑)

アマトリチャーナ

いつも楽しく拝見している「たかシェフのおうちごはん。」というブログを参考に作ってみました。
青みをあしらうともっとよかったんでしょうね そして、量も多すぎでした。
でも完食しちゃいましたが

3回目のお料理教室

料理をしたというよりは、
ポテトをつぶして、洗い物して、たっぷり食べて、レシピいただいて帰ってきた、
そんな感じでした^ロ^;

本日のメニューは
・そばの実入り森のきのこのスープ、ポーチドエッグとともに
・豚肩肉の黒酢煮込み“びっくりパン(蒸したサンドウィッチ)”添え
・バニラ風味のスフレ
の三品です。
カード&コインパース

cyproduct(サイプロダクト)のにしてみました。
イタリア製の牛革(ブッテーロ)がどんどん馴染んでいくそうで、
色の変化も傷も含めて、深みを感じさせるものへと成長していくようです。
楽天のサイトの掲示板によれば、ほつれなど多少の破損であれば修理してくれるとのこと。
長く相棒になってくれるといいなぁ。

春に買ったのは「財布が張る」という験かつぎ。黄色にしたのは風水の話から。
ま、小銭入れなんですけどね(^_^;)

CHATEAU LAFITE ROTHSCHILD 1953 を味わう
pompe.jpg
Chateau de la Pompeは、飲みに出ると必ず立ち寄るステキなワインバーです。
「Chateau de la Pompe」はフランス語の俗語で「水道水」を指す言葉。
いかにもって感じの、フランスのエスプリを感じる言葉です。

主人の久保さんから、
「年明けにラフィットの'53を抜こうと思いまして。お仲間とご一緒にいかがですか?」
というありがたいお話が舞い込みました。うれしかったなぁ。
こういうのは金額の問題じゃないんですよねえ。
こういうチャンスは、ほしいと思ったってそうめぐり会えるものじゃないから。


2/5(金)、4人で連れ立って出かけました。
oshinagaki.jpg
これが今日のラインナップ。
まずはロスチャイルド家の醸すシャンパーニュで期待を高めます。

LAFITE1.jpgLAFITE2.jpg
ラフィットのボトルはラップフィルムで包まれていました。
首の部分に「果実酒」の文字が見えますが、この活字体がまた時代を感じさせます。
高まる期待!!!
古酒、しかも「GRANDS VINS(グランヴァン)」と呼ばれる偉大なワインの年代物とはどんな味なのか……。
さあ、出てきました!
GLASS1.jpgCORK.jpg
熟成が進み、ブルゴーニュワインのような雰囲気をたたえるようになっています。
でも、色味はまだまだ黒みがかっていますね。
通常のワインだと、50年以上の熟成に耐えることができず、
変質して飲めなくなったり、酢のようになってしまうのだそうです。

こんなワインを、マスターソムリエのサービスでいただく……とても幸せです。
ただ、こういうのをいただいてしまうと、
次回は飲み頃のラフィットを!という思いがどうしても強くなってしまいます。
こうして次から次へと欲望は連鎖していくんですねえ。
幸福感とともに、また一段と深い沼に歩みを進めたような気がしたのでした。

シャトー・ド・ラ・ポンプ (ワインバー / 五稜郭公園前、中央病院前、千代台)
★★★★★ 5.0


あれ~?

起こしちゃった? ごめんごめん(^人^)

ぐーぐー

枕にされてるのが2匹、下にいます。
お腹がいっぱいになると、すぐに寝てしまいます。
そして、お腹がすくとぎゃーぎゃー騒ぎ出すのでした。
遠吠えしたりもしてびっくりさせられます。

半ケツ

ベッドにもぐりこもうとしたものの、半ケツのまま途中で寝ちゃったようです(笑)
意外とでっかいおしりですねぇ。
72ヶ月
2010013022520000.jpg
72ヶ月の熟成を経たチーズと聞くと「おー、熟成されてるんだなぁ」って漠然と思いますよね。
でも、傍で聞いてた理系人間が「6年も!」なんて一瞬で換算してくれると、
あらためて「何! そんなに!」とか言って歳月の重みにびっくりします。
どうイメージすると実像をつかみやすいのかを考えなきゃいかんっていう問題を再認識した夜でした。

牛乳の状態から、枯れて枯れてここにたどり着いたのに、
口に含むとその歳月の重みを感じさせるような豊かな風味を残した上で最終的には牛乳の味へと回帰していく。
……まるで輪廻の描かれた絵巻物を見せられたような、すばらしい味わいのゴーダチーズでした。
意外と!?
2010020714270002.jpg
「ボストンテリアの子犬ってこんなブサイクなものなの?」
って言ったけしからん人がいます。ペットショップやってる人らしいのに。
見る目がないなぁ(-_-メ)
……そんなこと言いつつ、はじめ
「鼻の長くないイヌなんて、らしくなくてイヤだ!」
って言ってた張本人は私なのでした☆ヽ(▽⌒*)
熟成感のある白
2010021320000000.jpg
「天地人」のラベルで有名なドメーヌ、ルー・デュモンのシャブリです。
プルミエクリュで12年目に入ったところですから、かなりの熟成感です。色も琥珀色。
この日は年代物のジゴンダスも飲めたし、大満足♪

人気店なので、さすがに週末は満員でした。
爆睡
2010021514400000.jpg
この後、全員仰向けで寝始めました。
柄と鼻の長さのちがうヤツが一匹交じっていますが、これは「おしかけかーさん」のNANAです。
NANA、なんと子どもを産んでないのに乳を出して子育てしてます。
子育てに飽きてきている実母のPOOより、子どもの世話をする時間が長いです。
驚きの取り合わせ
2010020920170000.jpg
新寿しのタコとグレープフルーツのサラダは、ホントに絶品!
とろ~ん
2010020718410000.jpg
トイプードルの仔っこもだんだんそれらしくなってきました。
起こして目を開けさせようと揺すってみるのですが、すぐにとろとろと寝込んでしまいます。
かわいいo(^-^)o
ぷくぷく
2010020117520000.jpg
まだ外の世界を知らないので、肉球がピンクでやわらかいままです。
もうちょっと大きくなったら、ぷにぷにして遊びたいと思います。
ぱっちり
2010020514550000.jpg
今日、♂の両目が揃って開きました(^^)v
母犬のおしりが残像のように写り込んでいます
ふぁー
2010013006380000.jpg
大あくび(笑
デル・アルバ3
2010013020180000.jpg青味野菜とラグーのリゾット。
下の付け合わせになっているほうれん草ともども、甘いのにビックリ(οдО;)
さすがは有機野菜ってことか!


2010013020340000.jpgオマールエビと「かすべ(エイ)」を焦がしバターとフレッシュハーブのソースで。
ほうれん草の甘さがアクセントになっていました。



2010013020490000.jpg見事に熟成された蝦夷鹿にフォアグラを載せたもの。フォアグラとニンニクで、
蝦夷鹿のクセなど全く感じさせない味にまとまっていました。
ブラボー!!でした。また近いうちに行きたいと思います。




プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。