心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アゲアゲ
20090721102901
ビストロで、メインの肉料理に旬のホワイトアスパラガスの添えられたものを食べていたら、
フランスから届いたばかりの「アスペルジュ・ソバージュ(野生のアスパラ)」が
アゲアゲな感じで追加されました(笑)
山菜っぽい、ちょっとぬめりを感じる食感です。
スポンサーサイト
ふくれます
20090719145958
殻付きのムラサキウニ。
殻を割って掃除する時に、真水をかけると膨張するんですね。
浸透圧を学ぶ絶好の教材ですね。しかも、ウマイ!゜+。(*′∇`)。+゜
やっぱり天然だ
2009071816005720090718160054
天然もののとらふぐは、やっぱり身の締まりも味の濃さも格別です。
ヒレ酒を飲み過ぎちゃいました(*´∇`)
旨味調味料
20090716182552
中華にはつきもの、とはいえ、やっぱり後味が……。
のどの渇きや口のしびれる感じが残ってしまうので、もったいなく思っていました。

ある日、ちょうどお客さんもいなかったので、恐る恐る、
「あのー、化学調味料抜きで作っていただくことは可能でしょうか?」
って聞いてみました。ご主人、ちょっと困惑した表情をうかべつつも
「じゃあ、砂糖で甘味を調節してみましょう」
と承諾してくださいました\(^O^)/
旨味調味料って、角張った味を丸くする(=まろやかにする)働きをしているんですねえ。

それにつけても、エビ焼そばはこちらのが一番!
酢をかけるとその甘味が加わります。
イワシとハーブ
20090702215653
お料理教室に通うようになったら、真っ先に会得したいのがこのハーブ使い。
青魚のクセが、クセから風味へと華麗に変身します\(^O^)/


プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。