心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和風とは言いつつ
20090630223635
有機野菜の中には、採れたてのわかめやマコガレイのお刺身が入っており、
ドレッシングにも梅肉が隠し味に使われているサラダなのに、フレンチのシェフが作ると
和食ではなく、やはりフランス料理にカテゴライズされる一皿となるのが不思議。
スポンサーサイト
デュエット
20090629181401
フォアグラのフランがデュエットで登場しました。
上にあみがさ茸を載せてあります。
決め手はモッツァレラチーズ
20090628222417
カプレーゼはやはりチーズの味が決め手を握ります。
このチーズはヨーロッパからの輸入品ですが、
不思議と国産品とは風味がちょっとちがい、とてもおいしいものでした。
完熟トマトとの相性もすばらしいのひとこと。
夏の到来を感じさせる味わいでした。
お弁当
20090618205204
プー、鼻にお弁当付けてどこ行くの?(笑)
誕生日プレゼント
20090607213801
すべてが私と同い年なのだとか。どれも大好物です。
ありがとう。気の利いた贈り物に感謝\(^O^)/
夏の先取り
20090602191557
外はまだ肌寒いというのに、岩ガキに鮎の塩焼きで夏を先取り。
でも、燗をつけたお酒が良かったなぁ\(^O^)/


プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。