心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼肉屋で完全武装
20090531170901
お気に入りのシャツにたれがはねたら困るので、可愛く武装しました(´ψψ`)
スポンサーサイト
りんごのサラダ
20090515215658
ドレッシングはゴルゴンゾーラベース。クルミがいいアクセントになっていて絶品です。
熟成感のある2000年のシャブリと一緒にいただきましたが、こちらもりんごのような香りがしました。
白ワインもいいものです。本当にワインは奥が深くて、楽しくて困っちゃいます(苦笑)
変わり貝焼き
20090513132058
太宰治生誕100年ということでいろんなイベントが企画されているようです。
津軽の味覚としてよく話題になるのは「貝焼き(かやき・けやき)」ですが、これはひと味ちがいます。
ホタテを焼いて醤油とお酒で味付けして食べる、とここまでは定番。
これは、貝殻に残ったおつゆをゴハンに合わせ、上にバターとブラックペッパーをあしらったもの。
ちょっとお行儀悪に見えちゃいますが、うまいです。
春は食事でデトックス
2009051216450520090512164502
春のアクのある食べ物は、冬の間に体に蓄積した老廃物を排出する働きがあるとか。
白魚のほろ苦さはどうかわかりませんが、
山菜のさわやかな風味やアクは体の血をきれいにしてくれるような気がします。

店主の故郷、奥尻で採れた自慢の山菜は格別にきれいな味がするのです。
たとえ行者ニンニクであっても、食べたあとで人に会うのをためらわなくてもすむほど!

ずわいがに2種
2009051009095420090510090951
ずわいがにの脚を洗いにして、カニミソを溶いたお醤油でいただきます。
漁師さんがよくやる食べ方だそうですが、さすがおいしい食べ方をご存じですね。

甲羅焼きも食べましたが、うっかり甲羅ご飯にしてもらうのを忘れてしまいました。
ホッケの禁じ手
20090509181335
根つきのホッケ(通称:根ぼっけ)を、掟破りのお刺身でいただきます。
お料理屋さんはめったにしません。アニサキスがいるといけないから。
これは、大好きな魚屋さんが目の前で活け締めして裸電球に透かしてチェックしてくれたもの。
もちろん、七転八倒の苦しみを味わったことはないので大丈夫o(^-^)o
この時期の春ボッケは脂ものっていて絶品! 味はサイコーです♪
かわいい仔牛
2009050717283220090507172829
いっぱいお乳出すんだよー!
君たちの上前をはねさせてもらって飲んだ牛乳は、とてもいい香りでおいしかったー\(^O^)/
ビーコムオフ前夜祭 フィナーレ
2009050600052920090506000527
ここで洋風のひと品が登場しました。
ホタテの貝柱をグリルしてから冷たくしたものに、
ジャガイモの入ったソースをたっぷりとかけてあります。
下にはグリーンアスパラと「あずき菜」が敷かれています。
このあずき菜、上品な甘味があるばかりで何のクセも苦味もないのにはビックリ!

そしてうまさにのけぞる私の横を、活魚が通り過ぎていきました。
石ガレイです。活け締めにして、洗いでいただくとのこと。
身にかすかなクセがあるので、洗いにして酢味噌でという趣向でしたが、
新鮮なのはもちろん、よどみないお手並みで仕上げられたものなので、
わさびと醤油でもまったく問題なく、シャキシャキした歯応えを楽しむことができました。

ビーコムオフ前夜祭 その2
2009050423141420090504231412
極上のお刺身たち。白身はマツカワガレイと釣りキンキでした。
活ぼたん海老は少し置いておいたほうが、
活けものならではの歯応えと甘味の両方を味わえてステキです。

右の揚げだし、カニ肉が入った銀餡、上に載った塩水ウニはもちろん、
中の豆腐がただの豆腐ではなく、大好きな卵豆腐なのでびっくりのおいしさです(^-^)
ビーコムオフ前夜祭 その1
2009050409021220090504090209
昨夜も「またつ」に山海の珍味が並びました。

カニは人を無口にし、蒸籠に入った活タコの蒸ししゃぶしゃぶは、口にしたとたん人を饒舌にします。
塩ぽん酢の場合もあるようです。

恥ずかしー(*/ω\*)
20090503180528
このタイトルを言うのはやっぱりちょっと恥ずかしかった(/_\;)
ひとりでは観に行けなかっただろうなぁ……。

取り込み中
20090502234903
トイレで用を足す時、正面にこんな言葉があったら和みますよね(笑)
確かに「お忙しいところ」であるのはまちがいないもの。



プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。