心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活け締め
2009022823311620090228233118
その本マグロ、脳天にシメた跡が。
いい感じに熟成して、ふわふわやわらかな身質です。

【追記】
このやわらかい身質は、熟成というより蓄養ならではなのかもしれないですね。
まあ、美味しいからどっちでもいいっちゃいいんですけど(笑)
スポンサーサイト
本まぐろ食べまくり
20090228231900
札幌「またつ」にて。
21㎏の本まぐろを目の前で解体。周囲のお客さんからの視線が痛いっ!(笑)
蓄養まぐろがこんなにおいしいとは思いませんでしたー。
あっ、じゃましやがってー!!
20090223134644
お気に入りの七飯大勝軒、最近になってチャーシューがロース肉に変わりました。
これはニュースだ!と思って写真に収めていたら、後輩の豚足のような指が映りこんでしまいました(笑)
まったく。このチャーシュー野郎め!(-_-#)
沖縄産の塩豚
20090219110928
スーチカと言うそうです。熟成された豚肉はホントおいしい。
皮つきなので、ゼラチン質の旨味も味わえます。
一粒の中のマリアージュ
20090216003311
これはいい♪ カカオとシャンパンが香りの競演をしています。
溶けていく過程でさまざまな変化を見せる味わい。
それをつぶさに追おうとするうちに、ひとつ、またひとつとショコラは減っていくのでした。
フォアグラを塗る
20090210173955
イタリアの白とよく合いました♪
軽いかき揚げ
20090208150803
サクサクのかき揚げ(甘海老・三つ葉・堀川ごぼう・京人参・空豆・百合根)に生ビール。
これまたお料理屋さんならではの仕事です。
節分と言えば?
20090206162021
やはり豆まき!
升大根にえんどう豆の翡翠煮を入れてあります。
そこに張ってあるのはえんどう豆のすり流し。
だしを煮ふくめてある大根と、ちょっと洋風の味付けになっているすり流し、
味は不思議とけんかしないものです。
節分懐石
20090204093619
エビは赤鬼、ナマコは金棒に見立てられています。
魔除けの鰯(たたみいわし)に追いやられて、鬼の姿が見えなくなっていますね(笑)
懐かしい空間
2009020116024020090201160238
来々軒に初めて行ってきました。
懐かしいとは言え、昔見たことがあるというほどに新しいわけでもないような
そんな古めかしい近代建築の中で、ラーメンとオムライスをいただきます。
いまどきないようなやわらかさの麺、ハムがたっぷりと入ったチキンライス、
いずれも不思議とおいしく感じられました。


プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。