心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱買い
おうちで飲むのにオススメのスパークリングワインと言えば、
ずばり、オーストラリア産の「グリーン・ポイント」です

何といってもコストパフォーマンスがすばらしい。
1本¥1,600弱なのにあの味わい、っていうのは非凡です。
キリッと冷やしたところから飲み始めて、少し温度が高くなってきても、
それはそれでまた華やかな香りが立ち上り始めて楽しめてしまうというスグレもの。

なんと、箱買い(12本)してしまいました(爆)
もちろん、職場の女の子とかが「分けてください」って言うので、
送料無料の楽天のショップで一気に取り寄せたってことなんですけどね。
この「吉井屋百貨店」っていうお店が、一番安いんじゃないかなあ。

ここ最近、アフィリエイトってどんなものなのかを試してみていますが、
このFC2でやろうとすると、これ見よがしになっちゃうのがちょいとイタイ
うまく画像を埋め込めるといいんでしょうし、
まだまだいろいろな方法があるんでしょうけどねぇ。

スポンサーサイト
シノン ギャランス
20070526110518.jpg
ロワール地方の自然派ワイン「シノン ギャランス」です。
ビオディナミなんていうことばを耳にすることはあっても、
実際に試してみたのはこれが初めてのことでした。

カベルネフラン100% 。
イチゴのような香りがして、ほの甘い感じ。
タンニンはすぐにほどけて、いい具合に甘さと結びついていきます。

チキン亭
自分で注文したワイン。
自分の家で、愛する妻とともに……なんていうことができない私は、つい親しい友人と一緒に、美味しい料理をいただきながらなんてことを考えてしまうわけです。
「どのお店なら持ち込みを許してもらえるだろう?」
「ワインに合うものを出してくれるお店といえば……」
ということで、今回「チキン亭」にお願いしてみたところ、
こころよくOKしてくださいました!!
20070518085022.jpg
ガーリック味の親鳥のもも焼き、そして唐揚げとの相性はすばらしく良かったです。
惜しむらくは、おっかなびっくりで持っていったので、
若干冷え方が足りなかったっていうこと。
今度はキンキンに冷やしたのを持っていきたいと思います(笑)

次回持参予定なのは、こちら!


湯の川大番
しばらくぶりに行きました。
昔ながらのガスロースターで焼く焼肉屋さんなので、
ちょっと敬遠していましたが、昨夜行ってみてびっくり。
やっぱり、内臓系の品揃えにはすばらしいものがあります。

昨日は、センマイ刺し・生ラム・豚タン塩、どれも美味しかった。
でも、特筆すべきは「ウルテ」でした。これはウマイ!!
20070518085057.jpg
豚ののどの軟骨なのだそうです。ちょっとクセになりそう。
味自体にクセはないんですが、食感が独特です。
その他、食べてみたいものがいろいろありました。
「カルビ」なんていう「軟弱」なものじゃなくて、
臓物の美味さを堪能できるお店であります♪
「あましぶい」
20070513155236.jpg
Chateau Meyney(シャトー メイネイ)/サンテステフ1997です。
サンテステフの粘土質の土壌は、タンニンの利いたワインを生むのだとか。
先日いただいた「シャトー クロワゼ・バージュ」に比べると、
甘さと結びついたやさしい渋さだったのでこれは美味しくいただけました。

ここで事件が!
なんと、同名で上書きしてしまったため、
先日のクロワゼ・バージュの画像が消えてしまいました(^_^;)
ま、いいかとも思ったのですが、やっぱり直しました(笑)
画像が残ってて、良かった(^o^)
ワインバー“Chateau de la Pompe”
ついに、禁を犯してしまいました。
この世界にだけはハマりこむまい、と心に誓っていたのに……。

それはワインの世界。

フランス料理の美味しい店「Illusion」があり、美味しいワインもあり、ということでまずいなあとは思っていたのですが、やっぱりガマンを続けることは不可能でした。魅力的すぎます。

そしてまた、強力なお店がラインナップに加わってしまいました。
ここで、あえなくノックアウトです。
お店の名前は「Chateau de la Pompe(シャトー・ド・ラ・ポンプ)」
まだ写真は撮ってません。

先週飲んだのは、これ。
nec_0008.jpg
シャトー・レ・ゾルム・ドゥ・ペズ/サンテステフ

そして昨日は、
NEC_0035.jpg
シャトー・クロワゼ・バージュ/ポイヤック
これは、タンニンが強かった。オレ好みではないかも。
チーズじゃないほうが合うのかな……。

やっぱり、どこまでも快楽主義者なんですね。



プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。