心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お店ならではの一品
めざし
家庭では到達できない味つけというのも「お店の味」ですが、
「お店で味わうべき味」というのもありますよね。

青い魚の焼き魚もそうです。
煙の香りが食欲を誘うのですが、これを次の日の朝にも嗅ぐのはちょっと気が滅入る(苦笑

そんな焼き魚を味わうなら、やっぱりかなざわです。
あると必ず頼むのがこのめざし。
田酒との相性はもちろん、これで白いご飯をぐいぐい食べるのもサイコーでしょうね!
……もちろんそんな殊勝なことは、やったことありませんが

スポンサーサイト
しめには汁ものがほしい
鶏ぞうすい
メニューにある「鶏そうめん」のアレンジで、メニューにはない「鶏ぞうすい」を作ってくださいました。
だし、しょうゆ、具材から酸味を生じさせてしまうと台無し。
自分で作るとよく失敗するのです。だからなのか、あまり雑炊とかお粥は好きじゃない。
でもさすがはプロ。ここしかない!っていうところで味をお決めになる。

相思相愛
お気に入りの取り合わせ
即席塩辛に田酒。サイコーに幸せな取り合わせ♪
塩辛と日本酒も相思相愛(おそらく)、私と日本酒も相思相愛(のはず)。
この時期、行くたびに頼む鉄板メニューなのです。

ちろりから盃に受けて飲む温かい燗酒が美味しい季節になりました。
寒くなってもうれしくなれることってあるものです。

旬の秋鯖をいただく
しめ鯖を中心に
みごとなしめ鯖です。写真では見えませんが、体側部の表面が黄金色に輝いています。
近海で獲れた鯖のとろりとした脂、まったくこたえられません。

後を引くうまさだったので、後日、行きつけの魚屋さん(政夫ちゃんのとこ)へ行き、
噴火湾産のを酢で締めてもらって買って来ちゃいました。
これには芋焼酎を合わせようか、それとも頂き物の「南部美人」を合わせようか……。
楽しい悩み事は続きます(^o^)

和で飲みたい
めかぶ めかぶをねぎ・鰹節と和え、しょうゆ味で

和食が食べたい時の選択肢は、かなざわに行くか寿司をつまむかのどちらかです。
寿司はそんなに多頻度で食べないので、どうしてもかなざわの登場機会が増えます。
なにせ、居心地いいですからねぇ……。

いわし 仲睦まじく寄り添うイワシ

イワシ同士で寄り添うばかりでなく、田酒ともぴったりと寄り添ってくれるすばらしい酒肴でありました。



プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。