心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠い! でもうまい!
うまいんです。遠いけど。
いいんです。友人が自家用車で連れてってくれるから。

おいしいんです。エアコンなんかないけど。
いいんです。長居はしないから。

美味なんです。日によってムラがあるけど。
いいんです。ご飯(大)の盛り、キャベツサラダの盛りは他店とは比較にならないほどだから。

もうもうと煙る中、肉とごはんと野菜をモリモリ食べる店。
大好きなお店。

ホルモンセンター天狗家 本店焼肉 / 桜ケ丘駅

夜総合点★★★★ 4.0


3種の神器

スポンサーサイト
ナポリ料理のお店
NEC_0355[1]
中部地方の暑さっていうのは、太平洋側でも日本海側でも同じようなモンなんですね。
とにかく蒸し蒸しムンムン。建物を出て歩き始めたらわずか100mくらいで汗だく。

富山へ出張した時に、午前中で汗まみれになってイヤになっちゃったので、お昼はゆっくり食べたいなと思い、しばらく食べていなかったイタリアンのお店をチョイス。ナポリ料理ってことは、魚介をトマトベースで食べるか、それともピザか……。

ランチのコースは、メインをピザ・パスタのどちらかにすることができます。暑いので、モチモチ、熱々のピザを食べるっていう気分にはなれず、いわしとナスのトマトソースを選び、サラダだけでなく前菜もつくコースは500円
増でOKだったので、それをオーダー。

前菜の時にフォカッチャが来ましたが、それはイタリアで食べるのと同じタイプで、すこぶる苦手なタイプ。小麦の香りと塩気がしっかりしていて、でもモサモサしている感じ。なるほど、こちらのお店は妥協なしの本格派イタリアンってことなのねと理解。パスタも、やっぱりそんな感じでした。トマトソースの酸味、塩気も予想した通り。あまりオリーブオイルが前面に出たタイプのソースではない、それは夏だしさっぱり食べさせようという意図だったのかも……いろいろと考えながら食べました。どれも教科書通りにおいしかった。

食べ終わってみて、記憶に残ったのはスタイリッシュなお店の内部のことがほとんど。みなさまと一緒です。

ナポリ料理のお店 バンビーノイタリアン / 大手モール駅国際会議場前駅グランドプラザ前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



手打ちパスタ
5月、札幌の「生パスタ専門店 Le Varo」へ行ってきました。
これから生パスタを打とうと思っている友だちと一緒に、
まずはお手本を、ということでこの店を選んだのです。

行ってみたはいいが満員で空振りするのはイヤなので、予約します。
前日の夜、数店に電話したもののフラレていたので……。
でも、これが正解でした。
食事が終わって帰るお客さんがいらっしゃるので、ひとテーブルなら取れるとのこと。
電話しないで行っていたら、危うく入れないところでした。

2階にも席はあるようなのですが、とにかく満席です。
席にはすぐ案内してもらえたのですが、時間がかかるとのこと。
ここまで来たら食べたいですから、是非もありません。

NEC_0003_20110901155513.jpg
前菜は、とてもサラッとした量。

NEC_0004_20110901155512.jpg
オマール海老とカブのトマトクリームソースを食べようと決めたので、
麺は幅広のタリアテッレをチョイス。
メイン(?)のパスタはなかなかたっぷりとした量です。
ソースもとてもおいしかった。
NEC_0006_20110901155512.jpg
ドルチェで口をさっぱりさせて、お食事終了です。

つるんとした表面の、旨味の深い生パスタが味わえるお店ですね。
麺自体の旨味も楽しんでみてください。

生パスタ専門店 Le Varo パスタ / 西28丁目駅円山公園駅西18丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



味つけジンギスカンの名店
有楽町
それまで、帯広でジンギスカンといえば「じんぎすかんの白樺」の圧勝だろうと思っていました。
それが今回、あっさりとくつがえりました。
やっぱり、地元民に聞いてみるもんですね。

そのお店とは「有楽町」。西帯広郵便局のすぐ近くにあります。
ここ、10年ほど前に親が住んでいたところからめちゃくちゃ近いじゃないですか。
そんな近くに住んでいながら、全くこの店を知らないという嗅覚の鈍さ、
アンテナの低さに、今さらながら怨み節のひとつも聞かせてやりたくなりましたよ。

まずは、昼飯をジンギスカン屋さんで食べるっていうことに違和感を覚えつつ中へ。
日中だっていうことと、開店後すぐだったせいで、そんなに混んではいませんでしたが、
夜に向けてどんどん席が埋まり、湯気やジンギスカンの香りが充満するようになるそうです。
高村光太郎の「米久の晩餐」を思い出しました。
「八月の夜は今米久(よねひさ)にもうもうと煮え立つ。」から始まる、
もの食う人々を活写した詩であります。

ほどなくジンギスカン登場。
クセのないジンギスカン
こんなに上質なラム肉は初めてでした。
完璧なまでに羊臭さがない、新鮮な肉です。
これは生ビールを飲まないわけにはいきません。
同行者に車のハンドルを託し、グビッとひとくち。
あー、申し訳ないなぁ……でも至福♪

続いてホルモンの登場です。
ホルモン
ジンギスカンとはちがう鍋で焼いていくんですね。
見たことのない供し方です。
沸いてきます
じびじびと沸いてきます。おや、これは牛ホルモンなんですね。
ということは……
ホルモンうどん
こんなふうに、うどんと一緒に食べたらうまいに決まってます!!
牛ホルモンの脂のコクを感じつつ、一気にいただきました。

いやー、これはお取り寄せして食べなくっちゃ。
コストパフォーマンスの面を加味して考えれば、
味つけジンギスカンの最高峰はここでまちがいないです!

有楽町 ジンギスカン / 西帯広駅

昼総合点★★★★ 4.0



「鳥せいチェーン」なのにノンアルコール?
鶏から丼
鳥せいチェーンのファーストフード店、チキンペッカーでお昼ご飯を食べました。
鳥せいの炭火焼や唐揚の大ファンなんですが、
遠隔地のため、夕方まで待ってお土産にするっていうのはちと時間がかかりすぎる。
そんなとき、日中に買えるのはとてもうれしいことです。
日中に買えるのは、ここと、帯広の藤丸の地下にあるお店くらいですよね。

以前、夕方に行った時、
「鳥せいチェーンなんだから、ビールくらいあるだろう!!」
と思って行ったのですが、はい、見事にありませんでした(笑
とても健全なお店です。

ハンバーガーとかもありますが、やっぱり若鳥の炭火焼か唐揚が食べたいので、
今回は唐揚の載ったどんぶりにしてみました。

使われているのはもも肉だけ。断面から肉汁がしみ出ています。
とてもおいしかった。

でも、後でよくよくメニューを見てみたら、
(メニュー分析、大好きなんですw)
炭火焼きor唐揚一人前プラスおにぎり、というセットがあるじゃないですか!!
むー、そっちのほうがよかった……。
今度行った時には、絶対そっちを頼もうと思います。

冷凍の炭火焼き・唐揚っていうのもありました。
真空パックされていて、地方発送も可能になっているようでしたが、
唐揚って、解凍したらどうなるんでしょうねぇ。
試したいような、試したくないような、、、迷います(苦笑

チキンペッカー ハンバーガー / 新札幌駅新さっぽろ駅ひばりが丘駅

昼総合点★★★★ 4.0





プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。