心に通ずる道は胃を通る!
標題は、開高健の言葉より拝借しました。 食べている私を声なく圧倒するようなすばらしい料理の数々を、どこまで書きとどめることができるのか。チャレンジしてみたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬のノルマ「アンコウ鍋」
アンコウ鍋のコースで
落部産の大物アンコウ、肝をたっぷりと溶いたダシでいただきました。
体の芯から温まりましたよ。

写真はその時のにぎりです。
ちょっと洋風な感じもするニシンの握りをはじめ、死角なしのうまさでした!

スポンサーサイト
鯖寿司を恵方巻きのように食らう
鯖寿司
秋といえばサバです。鯖の棒寿司で秋を感じる、という日もあったのでした。
金華サバを酢締めし、自家製の千枚漬けで巻いた逸品です。
これを「お茶」とともにいただき、また仕事を続けたんだったよなぁ。
あー、お酒飲みながら食べたかったなぁ……。よし、来年の秋サバこそは!!

見事なお料理です

新寿しのトロたく巻きです。
味のみならず、色味も芸術的!

本マグロのトロたく巻きなんてお会計が恐ろしくて、
知っているところじゃないと絶対に注文できません(苦笑)

土用の丑の日を先取り
松花堂弁当より味見 お料理屋さんのなまこ酢
新寿しのブログに天然うなぎのエントリがアップされ、うな重が食べたくなってしまいました。
日曜の正午、日も高い中で生ビールをのむ楽しみはまったくこたえられないものであります!
最近よく注文があるという松花堂弁当、それに入るお料理をまずは出してくださいました。
時鮭のきめの細かい身にしみこんだ西京味噌の風味が実に良かったです。
奥尻産のなまことワラビを合わせた酢の物がとてもすが、すがしい感じをもたらしてくれます。
なまこも高級品になってしまい、今やアワビとあまり変わらないシロモノになってしまいました。

うにの茶碗蒸し 新生姜の甘酢漬け
うにの茶碗蒸しは、卵液の中にもうにが溶かし込まれており、やわらかな甘味が広がります。
口直しの新生姜の甘酢漬け。自家製のものにお目にかかるのはめずらしくなってしまいました。
寿司屋ばなれした、料理屋さんの技を感じる一品です。

活うなぎをさばいて作った鰻重 きも吸い
さて、真打ち登場!
クセのない新寿しのうなぎは、本わさびがとてもよく合います。
山椒ももちろんよく合うのですが、こちらのにはちょっと強いかなって感じです。

デザートのアイスクリームにコーヒーが付いて、昼のうな重膳は¥3,500。
とってもリーズナブルです。
土用の丑の日には、うな重が通常¥2,000のところなんと¥1,600(器代・消費税込)
大量に作るときは、たれの旨味も深くなるので楽しみです!

訂正:うな重のお値段はかなり昔のものでした(汗
    昨年の「新寿し感謝day」では、通常¥2,400が¥1,800とのこと。

新寿し (寿司 / 深堀町、柏木町)
★★★★★ 5.0


驚きの取り合わせ
2010020920170000.jpg
新寿しのタコとグレープフルーツのサラダは、ホントに絶品!


プロフィール

NANAPOO

Author:NANAPOO
かの有名なブリア=サバランの言葉
「君がふだん食べているものを教えてみたまえ。それで君がどんな人か、当ててみせよう。」
「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ。」

以上を胸に抱きつつ、すばらしい料理で魅了してくれる巨匠たちとの出会い、そのお料理の数々をつづっていきたいと思います。



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。